アリス展と雨のち金魚展

 

アリス展では素敵なアリスの世界に囲まれてとても幸せな空間でした。

その素敵な空間で作品を展示していただけてとても嬉しかったです。

主催者様、参加作家様、そして見に来てくださった皆様、本当にありがとうございました!

来年もきっと同じ時期にアリス展をやると思うので、来年もとても楽しみです…!

アリス展の展示作品の解説はギャラリーの詳細ページで見れますので、気になった方は見ていただけると嬉しいです。

 

***

 

さて、次は「雨のち金魚展」という素敵なタイトルの展示に参加させていただく予定です。

現在制作中ですが「太陽の金魚」をモチーフに楽しく描かせていただいています。

金魚の朱色はまるで太陽のようだなあ~と子供の頃に実家に住んでいた金魚たちのことを思い出します。

 

「雨のち金魚(=太陽)」という解釈で制作していますが、雨はどう表現しようかと悩んでいました。

そこで、雨が降る理由を考えて描こうと思いました。

【雨が降るときは、空は雲で覆われ、太陽が隠れる】

この当たり前のような自然現象を、

【太陽が涙を流し、太陽が泣いているところを隠すために、雲が広がって空が覆われる】

と考え、雲が太陽の涙を隠しているところを描こうと思いつきました。(お天気雨?知らない子ですね…)

太陽の涙は個人的に描きたかったモチーフのひとつでもあったので、大好きな金魚と合わせて描けてとても楽しいです。

 

いつも元気で明るくて、太陽みたいに眩しい人。

強がりで責任感が強くて、人前では涙を流さない人。

そういう優しい人の支えになりたいと願う日々。

 

少しでも誰かの心に残る作品を制作できるよう頑張ります!